福島日本語学院

【日本の生活について】

Q ホームシックになるか心配です。

初めて故郷を離れて外国へ来るのですから、多少はホームシックになるかもしれません。 でも、多くの学生は学校や学院寮そしてアルバイトで友達を作り、 寂しい気持ちを和らげます。学校行事や地域の行事もありますから、積極的に参加して楽しみましょう。

Q 健康が心配なのですが。

本学院には、保健室が設置されております。 病気になったときは、専門医を紹介します。 福島市では、外国人に対し国民健康保険を適用しています。 (保険料は、1か月1,600円程度です。) 国民健康保険は、医療費の70%が交付され、本人負担は、30%です。 また、入学時に傷害保険(1年間1万円)にも加入するので、 本人負担(3000円以上の場合)の30%も傷害保険が下ります。

Q 寮はありますか?

あります。(炊飯器・調理器具・布団・自転車・その他生活用品付き) 留学生が入居することができます。 入居費の7万円の他、毎月の家賃は15,000円~23,000円程度です。 電気・ガス・水道料金は、別途使用量により各自負担です。

Q アルバイトはできますか?

入国管理局から資格外活動許可を得た場合は、週28時間 (長期休暇期間は40時間)のアルバイトができます。時給は、昼間で800円~900円程度です。

Q 生活費は1ヶ月どのくらいかかりますか?

生活費は個人差がありますが、交通費がかからないので5~6万程度で済みます。

【就職・進学について】

Q 大学への進学を希望しています。

12年以上の学校教育を受けて母国の高校卒業資格がある人は、日本の大学に入ることができます。 そのためには、まず日本留学試験を受験し、高得点をとり、次に大学の試験を受けます。 福島日本語学院では、試験対策をはじめ進路指導が充実していますから、努力すれば進学できます。

Q 日本で就職ができますか。

福島日本語学院で日本語を習得し、更に大学や専門学校で高等教育を学べば、 日本で就職できます。いままで、たくさんの学生が日本で就職しています。

【学校について】

Q どんな教材を使っていますか?

下記のテキストをメインに使っています。また、学生の習熟状況に合わせて適宜副教材を使用します。

  • 初級:『みんなの日本語 1・2』
  • 中級:『中級へ行こう』『中級を学ぼう』

Q 1クラスの人数は何人ですか?

すべてのクラスは20人以下で、平均は15名程度です。

Q テストはありますか?

毎月第3金曜日に月例テストを行っています。

【その他】

Q 短期滞在ビザで入学することができますか?

留学以外の在留資格(短期滞在・家族滞在・定住者・日本人の配偶者等)でも短期コースで入学することができます。 短期コースは留学生と一緒に勉強しますが、レベルの合うクラスがあればいつでも入学することができます。詳しくはこちら